会員専用ログイン

 回復期リハビリテーション病棟協会について

 障害に立ち向かうリハビリテーションの重要性が増していく高齢化社会を迎え、回復期リハビリテーション病棟協会は誰もがよりよいリハビリテーションを受けられるよう回復期リハビリテーション病棟の質的向上を図り、当該医療の発展に寄与することを目的として設立されました。
 その目的達成のため、回復期リハビリテーション医療及び当該病棟の運営に関する各種調査並びに研究をはじめ、医師・看護師・介護士・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・栄養士・薬剤師・ソーシャルワーカー等の人材育成を目的とした研究会や講習会並びにセミナー等の企画・運営及び管理の推進を図っていきます。

 協会からの発信

【情報提供】
平成30年台風7号及び前線等に伴う大雨による被災に伴う実績指数・在宅復帰率等の取扱いについて

厚生労働省から出された「台風7号及び前線に伴う大雨による被災に伴う保険診療関係等の取扱い及び診療報酬の取扱いについて」に、実績指数や在宅復帰率等における被災に関連した患者除外方法が記載されていますので、以下のURLからご参照ください。
http://www.ssk.or.jp/juyo/typhoon_3007/index.files/typoon_3007_01.pdf

▼質の評価に対するスタンスについて
 回復期リハビリテーション病棟におけるリハビリテーション医療の質について意見が交わされることが多くなっています。 そこで、当協会が質の評価に対してどのようなスタンスを取っているかを当協会会員の皆さまにお伝えするために、まとめを作成しました。以下のリンクをご確認下さい。
★質の評価に対するスタンス (2017/04)

 2019年度回復期リハビリテーション病棟の現状と課題に関する実態調査

回復期リハビリテーション病棟の質量双方の充実を目指し貴重なデータ蓄積させていただいております。本年度も実態を捉えるための調査にご協力賜りたく何卒ご協力よろしくお願いいたします。
2019年度の実態調査シート(エクセル)  入力規則一覧(エクセル)
〔注意〕
①エラーコメントが出ない場合でも、他のデータとの兼ね合いにより集計時エラーになる可能性があります。(例:入院時の診療点数はエラーになっていなくとも入棟日がエラーですと1日あたりの平均診療点数はエラーになります) 
②A項目は点数を記載ください。
③FIM講習会は、慶應義塾大学医学部リハビリテーション医学教室など、
 http://fim.sakura.ne.jp/organization.html に
 掲載されている組織の行っている講習会を指します。
(情報更新日2019年8月8日)

 News & Topics

▼2019.12.05<会員専用サイト>
第126回 全職種研修会のワークショップ 1日目・2日目のまとめを掲載しました。

▼2019.11.26<書籍>
協会機関誌「回復期リハビリテーション」 2019年10月発行号の概要を掲載しました。

▼2019.11.19<会員専用サイト>
第125回 全職種研修会のワークショップまとめを掲載しました。

▼2019.11.11<研修会>
2020年度に開催する研修会の日程を公表しましたので<研修会開催情報の一覧>のページをご確認ください。
各研修会の募集は準備が整い次第お知らせします。なお、2020年度から研修会申込手続きが変更となる予定です。確定しましたらお知らせします。

▼2019.11.08<研修会参加者へのお知らせ>
11月16日(土)~17日(日)に開催する第125回全職種研修会日程のうち、11月16日、田町駅を経由するJR山手線・京浜東北線が工事のため一部区間運休となります。当日運休区間を利用予定だった方は、他のルートまたは都営浅草線・都営三田線の三田駅を利用してください。JRの工事情報詳細は以下のURLからご確認ください。
https://www.jreast.co.jp/suspend/




News&Topics More.....(履歴を見る)